暗号資産(仮想通貨)

ビットコインの半減期が仮想通貨市場に与える影響とは?驚きの事実と投資のチャンスを探る

2024年4月24日

・ビットコインが盛り上がってるらしい。
・半減期っていうのが最近あったらしい。
・半減期があると何が起こるの?

今回はこんなお悩みを解決します!


2024年に入ってからビットコインが史上最高値の「1000万円」を突破し、注目を集めています。


その背後にある「半減期」の存在をご存知ですか?
ビットコインの半減期は、仮想通貨市場に大きな影響を与える重要なイベントです。
今回は、ビットコインの半減期について詳しく解説し、その影響と投資のチャンスについて探っていきましょう。


ビットコインの半減期とは何か?

ビットコイン(BTC)の半減期とは、
ビットコインのブロック報酬が約4年ごとに半減するイベントのことです。


ビットコインの仕組み

ビットコインはブロックチェーンと呼ばれる分散型台帳技術を基にした仮想通貨であり、
ブロックチェーン上での取引記録を確定し、新たなビットコインを発行することで運営されています。
ビットコインのブロック報酬は、
新たなブロックがマイニングされる度に発行され、マイナーに対して報酬として支払われます。

ぐぬぬ、むずかしい...

この後、説明するけどとりあえず4年に1度
ビットコインの価値が上がるイベントがあるくらいの認識でOKだよ!


>そもそもビットコインの仕組みを詳しく知りたいって人は、こちらをご覧ください!


出典:コインチェック公式サイト

初めて半減期が起こったのは2009年で、
当時の報酬が50ビットコインから25ビットコインに半減されました。
その後、2回目には25ビットコインから12.5ビットコインに、
そして3回目には12.5ビットコインから6.25ビットコインに半減されました。
次の半減期は2024年に予定されており、6.25ビットコインから3.125ビットコインに半減される予定です。


ビットコインの半減期が与える影響とは?

ビットコインの半減期は、供給量の減少を意味します。
マイナーにとっては、報酬が半減することで収益性が低下する一方、
ビットコインの需要が増えることに期待が高まります。

これは、ビットコインの価格上昇につながる可能性があります。


過去の半減期では、ビットコインの価格が大幅に上昇しました。

過去の半減期の伸び率


ビットコインの半減期は、投資家にとっても重要なイベントです。
半減期前後には、価格の上昇が期待されるため、投資のチャンスとなる可能性があります。
ただし、市場の予測に基づいた投資はリスクも伴いますので、慎重に判断することが必要です。

過去の半減期の後は、
約1年ほどかけてビットコインの価格が上昇しているね!


ビットコイン(BTC)に半減期がある理由

ビットコイン(BTC)に半減期がある理由は、
「市場に流通するコインの総量を抑えて、通貨価値の安定化を図るため」です。

日本円や米ドルなどの法定通貨は、
中央銀行が市場に流通する通貨の量を調整して通貨価値の安定化を図っています。
一方でビットコインには中央銀行などの管理団体がないため、
そのままでは流通量を調整することができません。

そこで設けられたのが、半減期という仕組みです。


ビットコインには、当初から2,100万枚という発行上限数が決められています。
もし半減期がなければ、どんどんマイニングが進み、
すぐに発行上限数を迎えてしまう可能性があります。

またマイニングが進みすぎてしまい世の中に需要を上回る量が流通してしまうと、
通貨価値が下落してしまうかもしれません。
半減期は新規発行のペースを緩やかにするとともに、急激なインフレを防ぐ役割を担っています。


ビットコイン(BTC)半減期に向けてやっておくべきこと

今回紹介したビットコイン(BTC)半減期は2024年4月20日に実施されました。
先ほども言いましたが、
過去の実績を見ると2024年4月20日から約1年かけて価格が上昇しています。

過去の半減期の伸び率


なので今から準備しておくと、半減期のビッグウェーブに乗れるかもしれません。
ここからはビットコイン(BTC) 半減期に向けて、やっておくべき行動を2つご紹介します。


まず半減期前にやっておくべきことは、
「暗号資産取引所の口座を開設しておくこと」です。

半減期前後でビットコインの取引をしたい場合、
事前に暗号資産取引所の口座を開設しておく必要があります。
暗号資産取引所によっては、本人確認に時間がかかる場合もあるため、
余裕を持って暗号資産取引所の口座を開設することをおすすめします。

混雑状況によって審査完了までの期間が変わる可能性があるので早めに準備しましょう。


暗号資産取引所口座の開設申し込みを希望する人が
短期間で増加すると混んでしまい、手続きに時間がかかることもあります。
申し込んですぐに取引を始められるわけではないため、
できるだけ早めに口座開設の申し込みをしておくことが大切です。

初心者の方であれば、自己資本0でも始められるビットポイントがおすすめです!
>ビットポイントについては、こちらをご覧ください。


次の半減期前にやっておくべきことは、
「半減期前後の値動きをチェックする」ことです。

過去の経験則では、半減期前後ではビットコイン価格が変動しやすいことが知られています。
急激な半減期前後の値動きに対応するためにも、
半減期前後の値動きはこまめにチェックするようにしましょう。

半減期の前には大きな価格変動が起こりがちです。
ある程度価格が上がった時点で一度価格が急落する可能性もあります。
価格が〇円以上になったら(または〇円を下回ったら)価格アラートを受け取る設定を行うなど、
価格変動に備えておくことをおすすめします。


まとめ

ビットコインの半減期は、仮想通貨市場に大きな影響を与える重要なイベントです。
供給量の減少により需要が増え、価格上昇が期待される一方、
マイナーにとっては報酬が低下することから収益性に影響を及ぼします。

投資家にとっては、
半減期前後に価格上昇が期待できる投資のチャンスとなる可能性がありますが、
市場の予測に基づいた投資はリスクも伴います。

ビットコインの半減期を理解し、慎重な投資判断を行うことが重要です。


半減期について知って、
実際にビットコイン投資をしてみたいと思った方は、実際に投資してみてはいかがかでしょうか?

まずは有名な取引所から始めるのも安心感あるよね!


>有名なコインチェックのアプリでの投資方法は、こちらをご覧ください!

-暗号資産(仮想通貨)