金融

新NISAで1億円を貯めるロードマップ!老後に必要な資金を元に月5万円から始める投資戦略とは?

2024年4月4日

・新NISAってなに?
・新NISAの活用方法をわかりやすく教えて!
・老後は貯金していれば安心?

今回はこんな悩みを解決します!

本記事では、新NISAを始める上での
おすすめの投資戦略を初心者でも分かるように解説していきます!


2024年に新NISAが始まり、
投資初心者でも手軽に始めることができるようになりました。

では、月5万円から始めて、
1億円を貯めるためにはどのような戦略を立てれば良いのでしょうか?
この制度を最大限に活用し、資産形成の夢を実現させる方法を、今回は紹介します。

タイトルにもあるように、
「月5万円で1億円を貯める」という目標を設定し、そのロードマップを皆さんにお伝えします。


老後は貯金で十分?

結論:貯金だけでは不十分です!

え、子どものころ親や祖父母から貯金しなさいって言われてたよ

もちろん言われたことがある人にとって
『貯金=良いもの』という考え方になるのは当然!


昔は約20年もの間、金利平均は8%以上あったので
貯金をしているだけでしっかりお金が増えていました!

このまま高金利の時代が続いていたら、誰でも老後資金1億円は夢じゃなかったんです!


月3万円、金利12%で30年間銀行に預けた場合

引用元:金融庁

貯金だけでも1億円目指せるってすごい時代だね

ただ現実は厳しいもので今は無理だね😭


現在の金利

  • メガバンクの金利 0.02%
    参考:三菱UFJ銀行
  • ネットバンクの金利 0.2%
    参考:あおぞら銀行

    ※金利が大幅に下落しもはや数十年前とは銀行の存在意義が変わっています。


月3万円、金利0.2%で30年間銀行に預けた場合

引用元:金融庁

30年運用しても運用益はほとんどない


一般的な老後に必要な資金

  • 豊かな老後生活資金 :30万円/月
  • 最低限の老後生活資金:22万円/月


>自分に合った実際に必要な老後の資金は、こちらの記事を参考に明確にしてみてください


65~90歳を豊かに暮らすには?

生活に必要なお金:30万円/月×25年=9,000万円
もらえる年金:22万円/月×25年=5,000万円
 ※現役時代の平均年収の約50%として計算

不足する老後資金:9,000万円-5,000万円=4,000万円
※4,000万円は老後資金として自分で用意しておく必要があります。


この老後の資金を貯金だけで作るのは現実的ではあ離ません。

30年で4,000万円を貯蓄で貯めるには

毎月11万円なんて無理だぁ

安心して!そこで肝になってくるのが、投資です!

でも投資って難しそう...

そこでポイントになるのが新NISAです!

日本人の多くはNISAをきっかけに投資を始めています。


新NISAとは

新NISAとは、2024年から導入された個人型投資信託の非課税制度のことです。
新NISAは、最大1800万円の投資が非課税で行える制度で、
その利用期間に制限がないことが最大の特徴です。

これにより、長期にわたる資産運用が可能となり、
理想的な「非課税投資ライフ」を実現できます。

引用元:金融庁

簡単にいうと新NISAを活用することで、
老後の心配がいらなくなる可能性があるよ!


月5万円から始める投資戦略

投資はリスクを伴うものですが、
月5万円から始める場合には、リスク分散が重要です。

投資信託を選ぶ際には、異なる資産クラスに分散させることがポイントです。
例えば、株式、債券、不動産など幅広い資産クラスに投資することで、
リスクを分散させることができます。


月5万円から始める投資のポイントは、長期投資です。
少額の投資額から始める場合には、
短期的な値動きに左右されず、長期的な成果を期待することが重要です。
定期的に積み立てを行い、長期的な資産形成に取り組むことで、
リスクを抑えつつ着実に資産を増やしていくことができます。

30歳から新NISAを利用して月5万円を積立投資することで、
理論上は70年後には1億円を築くことが可能です。
この計算は、年間の利回りを5%として算出されています。

つまり、長期にわたる積立と運用により、複利の力を最大限に活用することが1億円到達の鍵です。


ロードマップに沿った投資戦略

月5万円から始める場合には、まずは定期積立を始めることがおすすめです。
自動的に指定した金額が毎月投資されるため、コツコツと資産を積み上げることができます。
また、市場の変動に左右されず、平均取得単価を下げる効果も期待できます。


成功への道を加速させるためには、
銘柄選定と資金の効率的な配置が不可欠です。

有識者によると、S&P500に連動するインデックス投信やETFへの投資が推奨されています。
具体的には、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)への投資を基本の積立とし、
バンガードS&P500ETF(VOO)による成長投資を行うことが、効率的な資産形成の戦略とされています。


  • つみたてNISA: 年間120万円までをS&P500に連動するインデックス投信に投資。
  • 成長投資枠: 年間240万円までをS&P500のETFに投資し、5年で1800万円の非課税枠をフル活用する計画です。

この方法により、年利10%の運用を目指すと、
積立開始から29年目には目標の1億円を超えることが可能です。


引用元:金融庁(月の積立金額5万、年利10%、積立期間30年)


30歳から新NISAを開始しても59歳で資産1億円を達成できるよ!


月5万も投資に回せないって方に向けて、
月1万、月3万、月5万で取る投資戦略も紹介します!
>こちらからご覧ください!


まとめ

新NISAを活用し、月5万円から始める投資戦略について考えてみました。
リスク分散や長期投資を意識しながら、
定期積立やリバランスを行うことで、着実に資産を増やしていくことができます。

始めるのが早ければ早いほど、
複利の力を存分に享受でき、理想的な資産形成を目指せます。
このロードマップが、皆さんの資産形成の助けとなれば幸いです。

夢を実現するための一歩を、今すぐに踏み出しましょう。


>投資を始めたいけど、難しいそうと迷ってる方はまずはこちらから学んでみてください!

-金融